帯状疱疹

帯状疱疹とは

帯状疱疹は過去に感染した水痘・帯状疱疹ウイルスによって起こります。
水ぼうそうにかかったことのある人なら誰でも帯状疱疹になる可能性があります。 水痘・帯状疱疹ウイルスは脊髄近くの神経節に潜んでおり、ストレスや過労、病気などによって免疫機能が低下した状態になると、身体の左右どちらか一方にピリピリした痛みを自覚し、その後小さな水泡を伴う赤い斑点状の皮疹が帯状(おびじょう)に出現します。

帯状疱疹の発症率は加齢とともに増加します。

統計では50歳を境に急激に発症率が増加し、70歳以上では1000人に10人以上が帯状疱疹を発症しています。
これは水痘・帯状疱疹ウイルスに対する免疫力が加齢とともに低下するからです。また昔にくらべて水ぼうそうの流行がないので、水痘・帯状疱疹ウイルスへの免疫力を活性化する機会が少なくなったからです。
そのため今後は高齢者の帯状疱疹が増加すると予想されます。

帯状疱疹の治療

急性期には抗ウイルス薬を使用します。また疼痛に対して鎮痛剤の投与を行います。
早期に内服すれば1週間ほどで皮疹は治まってきます。

帯状疱疹ワクチン

帯状疱疹ワクチンが免疫の回復・増強に有効です。
2016年3月から「50歳以上の者への帯状疱疹予防」のための水痘ワクチン接種が適応になりました。
帯状疱疹を発症すると帯状疱疹後疼痛で長期にわたって苦しむ患者が少なくありません。
当院では帯状疱疹ワクチン接種を行っておりますのでお気軽にご相談ください。

PAGE TOP