新型コロナワクチン接種後の心筋炎、心膜炎

mRNA COVID-19ワクチン(ファイザー製、モデルナ製)接種後の心筋炎・心膜炎の副反応が報告されています。
ワクチン接種後の心筋炎・心膜炎は若年~成人男性の報告が多く、2回目接種後により多く発症し、ワクチン接種数日後に発症しています。報告ではほとんどが軽症で、早期に症状改善しております。
当地域でも若年のワクチン接種がはじまり、ワクチン接種後の胸痛、動悸、呼吸苦の症状での相談が増えております。その中にワクチン後心膜炎を発症された方もいらっしゃいました。
心筋炎・心膜炎は重症化すれば命にかかわる病気ですのでご心配の方はご相談ください。

PAGE TOP